読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャズム

キャズム

キャズム


 何かと話題の、ジェフリー・ムーアの「キャズム」。時に、よくわかっていない人たちによって金科玉条のように振り回されていることもあり、読んでみることにしました。


 本書で書かれていることは全体として、要するにマーケティングというのは 「今その製品がどんなフェーズにいるかをちゃんと把握して」 「それぞれに適切な手法で対応していく必要があるよ」 ということだということにまとめられると思います。ハイテク業界を題材にしてより詳細な考察を行い、いくつかの事例を紹介することで非常に説得力ある議論にまとめあげています。
 本書では主にハイテク業界での現状分析や対応法について書かれていますが、上記2つの本質はこの業界にとどまらず新しいものを生みそれを広げるフェーズにあるマーケティング全般に対して普遍的に適用可能ではないでしょうか。


 この本に書かれている事例や手法のひとつひとつではなく根底にある考え方を身につけると、様々なシーンで役に立ちそうだと感じられた本でした。製品を「生み出す」ことに関わっているすべての仕事人にオススメ。


.