読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16周年のお礼

 1998年2月に会社を設立してから、なんやかんやで、本日16年目の誕生日を迎えました。
「ちょっと助けてよ」「一緒にやろうよ」から、「困ってるなら仕事回すよ」まで、たくさんの方々のおかげで、これまで続けてくることができました。日頃のご愛顧に、心より御礼申し上げます。
 なかなか「自分はこれをやるぞ!」というものに向かってまっすぐに突き進むことができず、うようよきょくきょくしていますが、道具や環境などが熟しつつもあり、また、16というキリの良い年でもありますので、なにか「今までと違うことを開始した」と言える年にしたいと思っています。 


 今後とも、みなさんとおもしろいことをご一緒できることを楽しみにするとともに、困ったときにはお仕事をくださいますよう、お願い申し上げる次第です。 いままでは「一緒に仕事をしたことがある方ならわかる」という部分に頼ってきた部分が多く、受けられるお仕事について敢えて「メニュー化」してきませんでしたが、「仕事ください」というためにはある程度のわかりやすさも必要なのでしょうね。
 私の仕事は、広い言葉であらわすと「問題解決」です。そのためにシステムを提案することもあれば、システム化しない提案をすることもある(契約名目はシステム開発的なものとなるのがわかりやすいため、後者の場合は提案段階で終了し、お金をいただけないことが多いのですが)。 「メニュー化」することで、発注者自身が真剣に考えて解決しなければならない問題であるにも関わらず、「依頼したのだから自分は何もしなくても解決してくれる」という受け身になりがちな点を、うまくメニューに取り込むことに苦労していたりもします。
 今度の週末に、ちょっとしたイベント(セミナー)に参加する予定なので、そこで開眼できたらいいな、と考えるのは、ちょっと甘いかな(笑)。

 まぁ、そんなことも含めて、来年も笑顔でこの日を迎えるために、がんばっていきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

.