読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 7 で、skypeとかの自動起動を止める方法

Windows 7 上で、滅多に使用しない skype が勝手に起動してきて、タスクトレイに居てくれるならまだしも、タスクバー上に居座るという図々しい挙動をするために、少しイライラしていました。
 そのほか、様々なツールのアップデート確認なども、他の作業中にポップアップして欲しくないのに通知がポップアップされたりして、抑止したいなぁと思っていました。


 以前のWindowsならば、スタートメニューの「プログラム」の中の「スタートアップ」というフォルダの中につっこんであるものがログイン時に自動で起動されましたが、今回の skype などは、ここにはありません。

 調べて見ると、「システム構成」ツールの中に設定項目があることがわかりました。

スタートメニューから、すべてのプログラムで表示される一覧中、「管理ツール」の中に、「システム構成」ツールはあります。そもそも「管理ツール」を表示にしていない人(デフォルトでは非表示ですね)は、msconfig.exe というツールを探すと良いです。


 この画面で、スタートアップ起動させたくないツールチェックボックスをオフにして、OKボタンを押せば完了。次回のWindows起動からは、煩わしいツール類が起動されなくなり、スッキリ!


f:id:sakaik:20150728124715j:plain