読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Galaxy Tab のアップデートでハマった話

 そういえば Galaxy Tab のソフトウェアアップデートをしていなかったことを思い出して、本日やってみました。ちなみにアップデート公開日は 2/23。
 ドコモのページに説明があるので、その通りにやれば、、、、とサイトを見て、びっくり。アップデートには Windows が必要だそうで。「Samsung Kiesバージョン2.0」というソフトをインストールし、このソフトを使って Galaxy Tab のアップデートをするとのこと。

・Kies_2.0.0.11022_28.exe をダウンロードして、インストール
     →結構というかかなり時間がかかった

・USB ドライバ、SAMSUNG_USB_Driver_for_Mobile_Phones.exe をインストールするよう、手順書に書いてあったので、試みる
     →「すでにありますけど?」とダイアログがでたので中止


・Kies を起動
     →新バージョン2.0.0.11032_12があるからアップデートしろと表示。
      言われるままにアップデート
       →かなりというか相当時間がかかる


 とにかくイライラするのが、このアップデートプログラムが嘘つきなこと。それ以前に Kies なるプログラムの動作の遅さ(メニューの項目ひとつ開くのに5秒かかることがある)にうんざりしていた私の堪忍袋の緒を切るのに充分でした。Galaxy Tab を出したことで急上昇した、私の中での Samsung 株が、大幅に急落です。「出来損ないの iTunesもどきに、何故こんなに苦労させられるのだ」と悪態もつきたくなります。Tabをアップデートさせるだけのプログラムを公開して欲しいと、心底思いました。


 特にひどいのが、進捗状況を知らせる表示。
( ******/50695 KB) のように全体サイズと現在進行中のサイズ、そして別の箇所には進捗の百分率を表示するようになっているのですが:

・進捗の数字が 50695 をこえても、まだ続く
・進捗の数字が 101500 の時に百分率は 100% になったのだけど、進捗の数字はまだまだ大きくなり続けている
・途中で何度も「インターネットに接続していません。接続を確認してください」とか言われる。つながってるよ。切れてないって。
・結局、進捗の数字が 300000 を越えたところで、中止しました。


 結局、午前中のうちこの作業に2時間を使ったところで、断念。
まるで、500円だと言われて乗ったタクシーで2万円請求されたような気分でした。。。


 夜になってから少し時間ができたので、改めて Kies のアップデートを行ってみました。途中で「接続してないよ」が出るたびに再試行ボタンを押すだけの簡単なお仕事をこなしつつ、腹の立つ進捗数字はなるべく見ないようにして他の作業をしていたところ(もう、時間すら計っていない)、無事最後まで完了した様子。


 GalaxyTabのUSBモードをKiesモードに変更して、ケーブル接続。Kies(出来損ないのiTunes)上で Tab が認識されるのを待って、その画面上のTabアイコンをクリックすると、Tabのアップデートを進めるダイアログが出てきました。


 続行してしばらくすると、一度目は失敗。メッセージをメモし損なったけど「Tabのモードをアップデートモードに切り替えられなかった」のような内容だったと思います。とりあえずケーブルを外し、「タスクマネージャ」ですべてのアプリケーションを終了させてから、再度ケーブル接続、Tabのアップデートを実行。こんどはうまくいったようです。
 十数分後、アップデートが完了した旨のメッセージが表示されました。



 今回アップデートをしようと思った原因である、Twitterアプリケーションがよく落ちる問題は解決していないのですが(というか、アップデート後はほぼ確実に(10回中10回くらい)落ちるようになってしまいました。。
 うぅむ。。。。


.